遠距離恋愛が長続きしない方必見!上手に遠恋するコツ

heart-1767863_1280

出会い方や就職・転勤などにより、遠距離恋愛になってしまったというカップルは多いでしょう。「遠く離れていたって愛があれば大丈夫!」とはよく言いますが、現実はなかなか上手くいかないもの。実際に、遠距離が原因で破局したという方も多いのではないでしょうか。そんな遠距離恋愛を、上手に続けていくコツをご紹介しましょう。

遠距離恋愛は何故上手くいかないのか?

ver88_sumafonayamu15150207_tp_v

遠距離恋愛が破局しやすい理由・・・その一番大きい原因はやはり、会える時間が少なくなる事ですね。距離が離れれば離れる程、会うためには時間やお金が必要になります。絶対的に会える時間が少なくなると、男性の場合は性的欲求から、女性の場合は寂しさから浮気に走ってしまうこともあるでしょう。

浮気とまでは行かなくても、欲求を理性で抑えるには精神的に負担がかかります。そのため、「いっその事別れた方が楽になるんじゃないか」という考えに至る人も居るでしょう。また、コミュニケーション不足からケンカしてしまい、二人の関係に亀裂が入るというパターンもあります。

月1回を目途に会おう

romance-couple-1209046_1280

会う頻度・・・これはそれぞれの事情により色々難しい部分はあると思いますが、目安としては月に1度なら良好な関係を保ちやすいと考えてください。

これより頻繁になると、経済的負担などが大きくなり、頻度を維持することが厳しくなります。逆にこれより頻度を低くすると、寂しさから浮気に走ったりしてしまう可能性が高くなるでしょう。

距離によっては、どうがんばっても数カ月に1度のペースでしか会えないこともありますが、その場合はできる限り会える時間を長くしたり、濃密な時間になるようにしたり工夫しましょう。

負担は偏らないように心掛けよう

yuuki150321490i9a4375_tp_v

普段のデート代を割り勘にしている関係ならば、負担の偏りは関係の崩壊に繋がりやすくなります。

遠距離恋愛においては、会うまでの交通費と移動時間もデート代として考えてください。例えば彼が貴女の家まで来ることになった場合、その間の交通費と移動中の時間が失われます。もしその後に貴女の家の近くでデートすることになり、そのデート代が割り勘だったら・・・彼に負担が偏ってしまっていることになりますね。

遠距離になる前は平等だったのに、遠距離になってから偏ると、そのギャップは必ず不満となるでしょう。このように、片方だけに負担が偏るといった状況は避けてください。

彼が会いに来てくれたならデート代は自分が出すなど、全体としてバランスが取れるようにしましょう。

「会いたい」と言い過ぎない

tsj93_punsuka20150208091008_tp_v

会えない日が続くとどうしても「会いたい」と口癖のように彼に言ってしまいませんか?女性はただ素直な気持ちを伝えているだけでも、意外と彼の精神的負担になっているケースがあります。

「会いたい」は愛情表現でもありますから、その意味で使用する分には問題ありません。むしろ必要なやり取りでしょう。ただ、言い過ぎは厳禁です。

何故なら、会えないのに「会いたい」を繰り返し言い続けていると、受け取る側である男性は「もっと会える機会を作れ」と責められているような気がしてしまうからです。

男性の場合、「会いたい」という気持ちが女性と同じでも、それを口に出すことは稀です。何故なら寂しさを口にすることは、「女々しい」「男らしくない」と考えているからに他なりません。

思っていても言わないように我慢しているのに、彼女が頻繁に口にする・・・そうやってストレスに感じているとしたら、関係の悪化に繋がってしまいますね。

浮気を疑わない

sad-status-1691593_1280

遠距離恋愛におけるタブー、それは根拠もないのに浮気を疑うことです。

もし浮気をしていないのに浮気を疑われたらどう思うでしょうか。そんなのは誰だって怒るでしょう。最悪の場合、「この子は自分のことを信じてくれてないんだな・・・」と気持ちが冷めてしまう可能性もあります。

前科があるなら別ですが、「男性は浮気をするもの」と思い込んで要らぬ心配をしてしまわないようにしましょう。「そうは言っても、心配性だから仕方ない」という女性は、少なくとも疑っていることを彼に伝わらないように徹底してください。

相手への不信は崩壊への第一歩。やってもいないことが原因で破局なんてバカバカしいですよね。「お互いに信じ合うこと」は、遠距離恋愛の鉄則だと言えます。

忙しくてもコミュニケーションは欠かさない

saya071134715_tp_v

遠距離恋愛は、ただでさえ関係が希薄になりがちです。遠距離だからこそ、コミュニケーションは欠かさず行いましょう。

近年はLINEやSkypeなど無料で通話ができるアプリもあるので、以前のように電話代を心配する必要もありません。文字のやり取りは可能なら毎日行い、できるだけ通話も行いましょう。

「通話は苦手」「話すことがない」という理由から、通話を避ける人も居ますが、実は無理に話す必要はないんです。彼と会っている時だって、四六時中話しているわけではないでしょう。それと同じです。

寝る前に通話して、そのまま二人で寝落ちするだけでも良いんです。会話はなくても、これは立派なコミュニケーション。二人の時間を作るということ自体が重要なのです。

また、こまめにコミュニケーションを取ることは浮気防止にも繋がります。自然と相手が今何をしているかが分かりますし、通話している間は浮気のしようもありませんよね。

一人で時間を潰せる趣味を持つ

bis151026473494_tp_v

お互いに忙しいと、どうしてもコミュニケーションを取る時間も限られてしまい、一人で時間を潰さなくてはいけなくなる機会も多いと思います。

そんな時に一人で悶々と彼のことを考えていても、色々悪い方向に向かい兼ねません。マイナス指向な女性は特に注意しましょう。

寂しさを紛らわす最も効果的な方法は、一人で時間を潰せる趣味などを持つことです。テレビ、音楽、動画、ゲーム、読書等々、何でも良いので暇な時に熱中できる何かを用意しておきましょう。

そうすれば一人で居る時間も有意義に過ごすことができます。ただし、熱中し過ぎて彼を後回しにしてしまわないようにだけ注意です。

遠距離恋愛を乗り切って幸せを掴もう!

遠距離恋愛は一般的に期間限定です。基本的には交際中は遠距離恋愛でも、結婚すれば一緒に住むことが多いでしょう。

つまり、数年辛抱すればその先にはきっと幸せな未来が待っているということです。今回紹介したコツに気を付けていれば、きっと上手くいくはず!

結婚するまでの辛抱だと割り切り、頑張って遠距離恋愛を乗り切りましょう。