もうすぐバレンタイン!当日彼に会えない時の対処法とは?

C824_akahartbox_TP_V

2月14日は女子達の一大イベント、バレンタインデーです。

当日意中の彼に本命のチョコレートを渡そうと考えている方や、思い切って告白までしちゃおうと考えている方なども居ると思います。ただ中には、当日どうしても会える機会がなさそうだという方も存在するのではないでしょうか。しかし諦めるのはまだ早い!迷える子羊のために対処法をご紹介しましょう!

14日の前後に渡す

PAK86_hartwoprezentsuruyo1039_TP_V

こちらは、直接渡すことにこだわる人が選ぶ方法でもあります。男性は女性と違い、「記念日でなければ意味がない!」と思う人が少ないのです。彼も「記念日の前後なら別にいいんじゃない?」というタイプであれば、この手は充分効果があると言えます。さらに、渡すのが当日ではないため、サプライズも期待できるでしょう。

ただし、あまりにも当日から離れすぎていると逆に不自然なので、ズラすのは2・3日に留めておいた方が無難です。また、遅いよりは早い方がましなので、前後のどちらかで迷ったら前の日を選んでください。渡す際には「少し早いけど・・・」や「ちょっと遅れちゃったけど・・・」など前置きした上で渡しましょう。きっと彼も「大丈夫だよ!ありがとう!」と言ってくれるはずです。

クール便を使って郵送

OZPA89_danboruaketeniyaniya_TP_V

彼が遠距離に居て会えない、もしくは貴女自身に当日用事があるなどの場合に使える手がこちらです。郵送で届けるなんて味気ない・・・と思うかもしれませんが、男性は雰囲気やシチュエーションにこだわらない人も多いので、どんな方法でも「チョコを渡してくれた」という事実が嬉しいと感じるものです。できるだけ気持ちが伝わるように、チョコのデザインやラッピングなどに力を入れてみてはいかがでしょうか。

2月とは言え、通常便だと温かい室内に保管されればチョコレートが溶けてしまう可能性もあるので、必ずクール便にしてください。また宅配便はお届けの日時を指定できるため、早めに手配して14日の彼が居る時間を指定しましょう。つまり、彼にはお届け物が届くことを伝えておき、当日在宅している時間を聞き出しておかなければいけません。そのため、サプライズ感が出せないなどのデメリットがあることも事実です。

彼の周囲に協力を仰ぐ方法もあるが・・・

N745_onegaiyurushite_TP_V

紹介した2つの方法とは別に、彼の友人や家族に協力してもらうという方法もあります。ただし、こちらの方法はあまりおすすめできません。その理由をご説明しましょう。

例えば、彼の友人に協力してもらうとしましょう。すると、少なくともその友人には貴女が彼に本命であろうチョコを渡したことが分かってしまいますよね。男友達ならからかわれる可能性もありますし、女友達なら彼がその女性からだと一瞬勘違いしてしまいかもしれません。家族の場合でも、家族に彼と貴女の関係を知られてしまうわけです。恐らくその後の動向などを色々聞かれてしまうでしょう。男性はそれが苦痛に感じる人も多いので、貴女は良くても、彼がそういったことを望まない可能性があります。仮に両想いでも、この出来事が小さな亀裂となって、その後の関係に響くかもしれません。従って、この方法は少しリスクが高いと言えます。

大事なのは気持ちを伝えること

どの方法もメリット・デメリットが存在しますが、やはり渡せないよりは渡した方が良いと思います。当日渡せないから諦めよう・・・と考えていた方は、ぜひ紹介した方法を考えてみてください。